ゼクシィ縁結びをはじめてみたけど3日で飽きたの巻

記事タイトルですべてを語ってしまったので書くことがないけど、すべてのアラサー婚活女子のために書いておきます。ゼクシィ縁結び備忘録。


ゼクシィ縁結びとomiaiは大差ありません。
むしろ、「おんなじじゃない??」って感じました。
ネット婚活となると、運営に必要なことはだいたい同じなのかもしれない。

プロフィール写真や自己紹介文には審査があって、審査に通ると公開される仕組み。
本人確認もしていて、保険証などの写真を撮って送って承認されると、マッチングした相手とメッセージのやり取りができるようになる。

わたしがゼクシィ縁結びのほうが使いやすいと思ったのは、パソコンでできるからです。
omiaiはスマホアプリだったから、速度制限がかかると写真が表示されないし、いいねを押そうにもまずページが表示されない。
パソコンならサクサク!


ただひとつのデメリットは、わたしが毎日パソコンを触らないこと。これで3日で飽きました。(3日は触った。えらい)


ゼクシィ縁結びは、スマホからもログインできるのでパソコンでなくてもできるのですが、わたしのスマホとにかく重い。
そんなにアプリ入れてないんだけどな?!
とにかく重いので、スマホからではログイン画面にすらたどり着けませんでした。

でもゼクシィ縁結びは有料会員と無料会員がひと目でわかるので、男性側の本気度がすぐわかっていい。
直近のログインがいつだったのかもすぐわかる。
オンライン中なのか、3日以内なのか、1週間以内なのか、3ヶ月以上ログインしてないのか。
3ヶ月以上ログインしてなかったらもう確実に触らないしいいねしても無駄だからね。近々ひよこもそんな感じになりそう。

あと、飽きた理由は、いいと思う男性が増えないと思ったから。

イイ男がいないという理由でなくて、自分の好みの条件の男性にひと通りいいねを押したら、ほかにやることがなくなっちゃう。
新しいメンバーがどんどん増えるというわけではないので、検索して出てきた200人を見て、チェックして、気に入った人にいいねを押したら、終わり。
次は妥協して別の条件で検索するだけ。こんな感じです。

わたし自身、初日に50人くらいのいいねがついてウハウハだったけど、2日めには8人、3日め3人。4日めログインしてない。


ストライクゾーンが広い人にはいいかもしれない。
わたしが狭かったのかな。


とりあえず、今週京都に旅行にいってくるので、安井金比羅で悪縁を切ってきます。
次は京都縁結びの旅編。